連休明けの5月7日、Accessの新元号、令和への対応が完了していました。
アップデートで、お気付きの方も多いと思いますが、

書式設定で、「gggee\年mm\月dd\日」と設定しているコントロールが、

2019/5/7 のデータであれば、令和01年05月07日 と表示されていますよ。

それには、前提条件があります。

Accessで、令和の表示に対応するには

Office2000から2007までは、すでにサポートが終了していますので、
2010以上のバージョンでなければいけません。

Windowsとofficeの両方が最新にアップデートされていなければいけません。

あるパソコンで、
先に、officeをアップデートしても表示されていませんでした。
Windowsが、更新されていなかったので、更新すると、表示されましたよ。

Windowsの方が、元号の情報を持っているようです・・・



令和元年の表示はどうなるの?

令和元年の表示の方も、対応していました。

平成元年は、まだWindowsが存在していなかったので、
今回、和暦の元年は初めてです。

レジストリキーを変更することで元年を表示できます。

ただ、Windowsの右下の日付と時刻は、元年に変更できたのですが、
Accessでは、元年と表示されないようです・・・
自作の関数が必要なのでしょうか・・・

ちなみに、エクセルのサポートに、次のような方法が、書かれています
日本の年号変更と元年



これらを解説した、マイクロソフトのサイトはこちらになります。

Windowsとofiiceの更新について

元年表示について

Accessの新元号、令和のサンプルプログラム

レジストリキーを変更するのが面倒な場合や、Accessだけの対応でいい場合は、
サンプルプログラムを参考にしてください。

Access2007以前の、対応方法もあります。

対応後は、こんな表示になります

サンプルプログラムは、こちらです

新元号対策のサンプルプログラムのダウンロード